ガガボール|壁を使った新しいドッジボール?ルールを解説

1950年頃にイスラエルで発祥したスポーツ、ガガボール。

今ではアメリカやオーストラリアの特に子供たちに人気のスポーツです。

 

簡単ですが、動画でもルール解説しています!

ガガボール(GaGa Ball)とは?

周囲を壁に囲まれたフィールド内で
鬼がボールを当て続け、最後までボールに当たらずに残った選手が勝利という
ドッジボールに似たルールです。

 

ガガボールでは誰でも鬼になることができます。

 

ボールを持ったり、投げたり、蹴ったりすることは禁止されており
腕で打つことで相手を狙うことができます。

 

鬼が打ったボールが、膝より下の部位に当たったり、壁にバウンドして直接当たってしまうと
当たった人はフィールドの外に出て脱落となります。

 

最初の掛け声を忘れないように

ちなみに、プレーの最初は
ボールをフィールド上に投げ上げて、3バウンドするまで誰もボールに触れることは出来ません

この時、全員で、ボールのバウンドに合わせて「ガ・ガ・ボール」と掛け声することも忘れないように。

 

まとめ

ドッジボールとスカッシュが混ざったようなガガボールは
現在アメリカやオーストラリアで人気が高まっています。

日本でも観られることを楽しみにしています。

それでは!

おすすめの記事