コーンホール|アメリカで超人気のパーティーゲーム

アメリカ生まれのパーティーゲーム、コーンホール。

実はアメリカではかなりポピュラーな遊びで

自宅で仲間と、わいわい気軽に楽しんだり

アメリカではリーグ戦も開催されているほどの人気。

今回はそんなコーンホールのルールについて解説していきます。

コーンホールとは?

コーンホールとは、トウモロコシの粒を詰めた重さ約450gのバッグを

8m23cm離れた板をめがけて投げて、そこで得られる点数を競うスポーツです。

ルールについては、動画でも解説しています!(動画は簡易的ですが)

コーンホールの簡単なルール

各チーム1ラウンドで投げられるバッグの数はそれぞれ4つ。

その4つのバッグを交互に板に投げて、以下のように決まる得点を競います。

主な得点の数え方

・投げたバッグが板の上に乗ったら+1点

・穴(ホール)に入ったら+3点

・相手のバッグを板の外に落とすと、相手が1点減点される

この1ラウンド(両者4投ずつ)の中で得られた得点の差を用いて

出来るだけ早く21点を獲得したチームが勝利です。

例えば、1ラウンド目でAチームが12点(満点)、Bチームが7点を獲得したと仮定すると

その差5点がAチームに入り、5-0として、次のラウンドに進みます。

このスコアを21点にしたら勝利です。

得点の数え方に関しては、アメリカの公式リーグ戦で採用されている「キャンセレーションシステム」という

ちょっと変わった方式もあります。(プロ仕様?)

これは、ざっくり説明すると

例えば、Bチームのバッグが板に乗っている状態で

Aチームが投げたバッグがBのバッグと一緒にホールに入った場合を考えます。

この時、普通に考えると、A,B共に3点が入ると思いきや

Aチームに3点、Bチームには2点しか入りません。

このような場合はキャンセレーションシステムが発動します。

この状況を表した動画は、こちらです↓

日本でコーンホールをするためには?

日本でも一部地域でコーンホールが楽しまれています。

日本コーンホール協会という団体が存在していますので

興味がある方はそちらにも問合せしてみてください!

https://www.facebook.com/japancornhole/

今回、ルール動画を作成するにあたり、日本コーンホール協会様のご協力を頂きました!

ありがとうございます。

コーンホール自体は日本でも売ってました。


コーンホールまとめ

コーンホールは、ルールはシンプルながらも

約8m先のホールに正確にバッグを投げ入れる技術、

相手のバッグの邪魔をしたり、逆に相手のバッグをホールに入れるといった戦略性も求められます。

今後、日本でも爆発的に流行る可能性を秘めているコーンホール。

個人的には、「次なるモルック」になるのではないかと期待しています。

おすすめの記事