近代五種だけじゃない!「近代二種」の日本選手権に取材!

射撃と400mラン

 

こんにちは!

マイナースポーツ部です。

 

今回は、近代五種の入門的種目である、「近代二種」の日本選手権大会に取材してきました!

※正確には、近代三種日本選手権大会の「二種の部」。

 

実際に日本選手権大会参加者にもインタビューをした動画もありますので

最後まで御覧ください!

 

[adchord]

 

そもそも、近代三種とは?

近代三種は、水泳・射撃・ランニング(400m×2)を一気にプレーして

その合計得点を競うスポーツです。

 

近代3種は水泳とレーザーラン(ランニングと射撃を交互に行う)の3種目。近代五種競技への入門ですが、競技としての醍醐味は存分にあります。また、この近代3種で良い成績をおさめた選手が、その後、近代五種に移り、オリンピックへ出場しています。そういう意味では、近代3種は近代五種への登竜門でもあり、オリンピックへの最初の第一歩という側面もあります。

(引用元:日本近代五種協会)

 

近代五種は、以前このサイトでも紹介しましたが

近代五種よりも手軽に、老若男女が楽しめるように設計されたのが近代三種です。

 

 

じゃ、近代二種とは?

一方で、近代二種とは

近代三種の種目にあった「水泳」を取り除き、もっと幅広い年齢層に適応させた競技です。

 

近代二種では、射撃・ランニング(400m×2)のみで構成されます。

 

2019年11月24日に東京都調布市で開催された日本選手権では

近代三種日本選手権の「二種の部」として近代二種がプレーされました。(ややこしい)

 

近代二種体験者にインタビュー

そんな近代二種を始めてプレーされた参加者の一人である

眞柴さんにインタビューをして

近代二種の概要から、実際にプレーした感想を教えていただきました!

 

実際に体験した参加者の生の声ですので、是非ご覧ください(^^♪

 

 

 

まとめ

今回は近代二種についてインタビュー形式で取材してみました。

 

近代五種は東京オリンピックの正式種目で、必ず見たい競技の一つです。

東京五輪開催が近付くにつれて、確実に注目度が上がってくる競技でもありますので

今後も要チェックしていきたいですね。

 

 

マイナースポーツ部(ワールドマイナースポーツ)では

スポーツの動画を制作していきますので

 

「こんなスポーツの動画も撮影してほしい!」

 

という方は、こちらの記事、もしくはTwitter、YouTube等に

コメント頂きますよう宜しくお願い致します!

 
それでは!

 

[adchord]
おすすめの記事