【フィーエルヤッペン】棒で運河を渡る!?不思議なマイナースポーツを解説!

【フィーエルヤッペン】棒で運河を渡る!?不思議なマイナースポーツを解説!

棒高跳びに似たスポーツ

 

どうも、マイナースポーツ部です!

 

今回のマイナースポーツは、

 

棒を使って対岸まで渡る、不思議な競技。

 

別名「運河飛び」とも言われる

 

「フィーエルヤッペン」

 

について詳しく解説していきます。

 

Advertisement

 

フィーエルヤッペンとは?

フィーエルヤッペンとは

8~13mの長さの棒を使って上手く対岸まで渡ることを目的とした競技で

棒高跳びに似たスポーツです。

 

日本どころか、世界においても

なかなか目にかかれない超マイナースポーツです。

 

発祥は?

今から250年前以上、1750年頃にオランダで発祥しました。

 

オランダは運河が多いことで有名ですが、様々な区画に点在する鳥の卵を求めて

運河間をポールを使って移動していたことがこの競技の誕生に繋がったそうです。

 

オランダといえば、コーフボールが有名ですよね!

 

↓コーフボールの動画はこちら↓

 

フィーエルヤッペンのルール

ルールは至って簡単。

 

予め片方の岸に立てかけられた長さ8~13mの棒めがけて走りだし

掴まりながら、棒が直立しているタイミングで出来るだけ棒の先端まで登り

棒の落下とともに対岸の砂地へ着地します。

 

助走は25m以内で、一人あたり3回の跳躍チャンスがあります。

 

おおまかなルールはこれくらいで

あとは、いかに遠くの岸に到達できるかが重要です。

 

日本でも開催されたフィーエルヤッペン

 

実は、日本でも実際にプレーされたことがあり

2000年に放送されたテレビ番組をきっかけに大阪市の協力により実際に試合が開催されました。

 

日本には、日本フィーエルヤッペン協会が存在しており

大阪を拠点にしているそうです。

日本フィーエルヤッペン協会公式サイト

 

フィーエルヤッペンの世界記録

 

ちなみに、フィーエルヤッペンの世界記録は

オランダ人により樹立された19.7m。

(※踏切台から対岸までの距離を指しています。)

 

これは、一般的なマンションの6階に相当するレベル。

 

凄い。

 

まとめ

 

長い棒を使って運河を渡るマイナースポーツ、フィーエルヤッペン。

 

なかなか日本では環境面や道具の面で体験することは難しいですが

 

「そんなスポーツがあったんだ!」

 

と思っていただければ嬉しいです。

 

それでは!

その他の系統スポーツカテゴリの最新記事