【ビーチテニス】簡単ルールの砂浜テニス!ノーバウンドでラリーせよ!

【ビーチテニス】簡単ルールの砂浜テニス!ノーバウンドでラリーせよ!
冬でも出来るよ!

 
 
どうも!
マイナースポーツ部です。
 
 
今日のマイナースポーツは!
 
冬でも砂浜で気軽に体験できる、ラケットスポーツ、
 
 
その名も
 
「ビーチテニス」
 
について解説していきます
 
 
記事中では実際のプレー動画や
大会・体験会情報も紹介してますので是非最後までご覧ください(^^♪
 
 
↓10秒で分かるこの記事の概要↓
・バウンド禁止のテニスみたいな感じ
・イタリア発祥
・実はパワーよりテクニックが重要な競技
 
 
 
Advertisement
 

ビーチテニスとは?

 
ビーチテニスとは、一言で表すならば
「砂浜でプレーする、ノーバウンドのテニス」
というイメージです。
 
なお、ネットはテニスよりも高いものが使われています。
 
強力なパワーショットで相手を打ち負かす、というよりは
ロブやドロップなどの小技・テクニックを重視して相手の陣営を崩す
という戦術が重要になるスポーツです。
 
 
 

どこで生まれた?

ビーチテニスは、1970年代にイタリアにて発祥したと言われています。
 
そこから、2000年代に本格的に世界で流行し始め
今では世界53ヵ国以上の国と地域でプレーされている
人気のラケットスポーツです。
 
特に、ブラジル国内には5万人程のビーチテニス選手が存在しているほど活発な競技です。
 

実際に動画を観てみよう!

では、実際にビーチテニスをプレーしている動画をご覧ください!
 

 

これだけ知っておけばOK!4つの超基本ルール

基本的には、テニスとルールはほとんど同じです。
 

①ボールが地面に着いたら失点

テニスと大きく異なる点ですね。
ビーチテニスの場合、ノーバウンドでラリーを続けなければいけません。
 

②サーブはライン上であればどこで打ってもOK

テニスのように、サーブの際に
フォアサイドやバックサイドといった概念は無いので
サービスライン上であれば、どこでもサーブを打つことが出来ます。

③コートチェンジの際はハイタッチで!

いかにも海外っぽいですね!

④その他、テニスと全く同じ

例えば、スコアのカウント方法などはテニスと同じです。
 

日本で体験できる場所は?

ビーチテニスは全国で体験ができます。
 
他のマイナースポーツと比較すると
体験施設が充実しているのは素晴らしいですね。
 
東京だと、こちらの公式Facebookから体験参加が出来ます。
 
場所は
「大森ふるさとの浜辺公園」
です。
 
https://www.facebook.com/beachtennistokyo/
 
 
その他マイナースポーツの体験会については
こちらの最新カレンダーをご覧下さい(^^♪
 

ビーチテニスのココが凄い!

・ドロップやロブ等のテクニックが一番大事
・日本全国で気軽に体験できる
 

まとめ

砂浜でプレーするノーバウンドテニス、ビーチテニス。
 
日本各地で気軽に体験できる程
実は普及が進んでいるマイナースポーツです。
 
冬でも、しっかりと砂浜でプレーできるので新鮮で楽しそう…
 
是非一度体験してみては如何?
 
それでは!
 
 
Advertisement
 
マイナースポーツ部では
「こんなスポーツを掲載してほしい!」
「体験会情報を記事に掲載してほしい!」
 
などのご要望を絶賛大募集しております。
 
Twitterもしくは
このサイトのお問い合わせページからご連絡頂きますよう
宜しくお願いいたします!
 
 
それでは、また明日!
 
 
 

【おまけ】ビーチテニスに似たマイナースポーツ

 
似ているラケットスポーツと言えば、
 
タッチテニス」ですね!
 
こちらは、ふわふわのボールを使って
テニスよりも狭いコートでプレーしています。
 
 

テニス系統カテゴリの最新記事