【サイクルサッカー】自転車でサッカー!?ルールを解説してみた

【サイクルサッカー】自転車でサッカー!?ルールを解説してみた
自転車+サッカー

 
 
どうも!
マイナースポーツ部です。
 
今日のマイナースポーツは!
 
誰もが知っているスポーツ、サッカーと
 
誰もが乗ったことがあるもの、自転車
 
の2つを混ぜちゃったマイナースポーツ…
 
その名も、
 
 「サイクルサッカー
 
について解説していきます
 
 
記事中では実際のプレー動画や
大会・体験会情報も紹介してますので是非最後までご覧ください(^^♪
 
 
↓10秒で分かるこの記事の概要↓
・自転車を運転しながらサッカーしちゃう
・アイルランド発祥
・日本の競技人口は500人~程
 
 
 
Advertisement
 

サイクルサッカーとは?

 
サイクルサッカーとは、その名の通り
「自転車に乗りながらサッカーをプレーする」
という、まさかのマイナースポーツです。
 
英語では、「サイクルボール」
ドイツ語では、「ラートバル」 とも呼ばれています。
 
使用する自転車は、専用のもので
ホイールを使って器用にボールをパス・ドリブルしながら
サッカー同様にゴールを目指します。
 

どこで生まれた?

サイクルサッカーは、1891年頃にアイルランドで発祥しました。
 
日本には、1970年頃に輸入されてきて
現在の競技人口は500人程と言われています。
 
東京においては、実際に体験できる場所もあるので
記事後半ではそちらも紹介します!

実際に動画を観てみよう!

サイクルサッカーのルール説明の前に
実際に動画でプレーの様子を観てみましょう!
 
選手たちの器用さには驚かされます。
 
 
 

サイクルサッカーに必要な用具・コート

 

専用の自転車

サイクルサッカーで使用する専用の自転車にはブレーキが搭載されておらず
自転車のペダルを逆回転させることで、動きを止める
という特殊な仕様ですので、この時点で既に難しそう。
 
また、外見も普段よく見る自転車とは大きく異なり
ハンドルが上向きに、シートは後方にセットされています。
 
この工夫された設計のおかげで、
前輪を上げる動作、つまりシュートを打つことを容易にしています
 

専用のボール

サイクルサッカー専用のボールは、
表面が布で覆われている特製ボールです。
 
サッカーのボールと比較するとこんな感じ↓
 
サッカーボール(5号)
サイクルサッカーでのボール
重さ (g)
410~450
500~600
直径 (cm)
22
17~18
特徴
比較的弾みにくい
 
サイクルサッカーで使用するボールは
サッカーボールと比べると重く、一回り小さく、
そして外側を布で覆われているので弾みにくいのが特徴です。
 
 

コート

プレーするコートのサイズは、全長11m×14m。
バレーコート(18×9m)と大体同じくらいの広さですね。
 
また、コートの周囲には
安全の為に、高さ30cm程のフェンスが設置されています。
 
サイクルサッカー自体は屋内・外問わずにプレーできますが
基本的には屋内でプレーされることが多いようです。
 
 

これだけ知っておけばOK!4つの超基本ルール

①基本はサッカーと同じルール

前輪を上手く使いながら、ボールをパス・ドリブルして
相手ゴールにシュートする。
 
基本はサッカーとほとんど同じルールです。
 

②1チーム2人構成

屋内でのサイクルサッカーの試合は、2対2で行われます。
 
ポジションは、FW(フォワード)とGK(ゴールキーパー)で
GKも攻撃に参加します。
 

③地面に足を着けちゃダメ

サイクルサッカーの大鉄則。
 
地面に足が着いてしまった選手はプレーを止め、
自陣のコートのエンドラインまで戻り、車輪をライン外にタッチすることで
再度試合に戻ることができます。
 
まずは、自転車のペダルに両足を乗せた状態で静止できるか。
これがサイクルサッカーの基礎中の基礎の技で
素人が一番最初にぶち当たる壁(だと思います。)
 

④1試合14分(7分ハーフ)

前後半7分×2の合計14分で試合が行われます。
 
サッカーと比べると短いですが、1チーム2人ですし
なんと言っても「自転車に乗った状態」ですので
想像以上に疲労感は大きそう…。
 

公式試合や大会情報

一番有名な大会は、世界選手権ですね。
 
その歴史は古く、
第1回世界選手権大会は、1956年にデンマークで開催されました。
 
優勝常連国としては、ドイツやスイスが挙げられます。
特にドイツに関しては、1986年~2014年まで
途中1回を除く、全てで優勝しています。
 
 
また、
2001年・2011年大会は日本の鹿児島県南さつま市で
世界選手権が開催されました!
 
 

全日本選手権大会

 
サイクルサッカーは、実は日本国内では盛んにプレーされており
特に大きな大会といえば、全日本選手権大会です。
 
2018年で第49回を迎える日本選手権は
12月8日、9日に大阪で開催されます。
 
詳しくは公式HPを参照ください。
http://jfic-japan.com/competition_info/2018/japan-championship-2018.html
 
 

日本で体験できる場所は?

サイクルサッカーが盛んなクラブが存在します。
 
それが、「たちかわサイクルサッカークラブ」です。
 
東京の立川市に本拠地を置くこのチームは
サイクルサッカーをプレーするだけでなく、日本代表選手も在籍しており
同時に普及活動もされている方々です。
http://komunich.wixsite.com/tachikawa
 
毎週木曜日に立川市の体育館にて練習をしていて
見学も自由にできるそうなので、是非一度ご覧ください。
 
 
その他マイナースポーツの体験会については
こちらの最新カレンダーをご覧下さい(^^♪
 

サイクルサッカーのココが凄い!

・自転車を操りながらサッカー出来ちゃう器用さ
・立川で体験できる!

まとめ

自転車に乗りながらサッカーをしちゃう、まさかのマイナースポーツ。
 
日本では、なかなか馴染みが無いスポーツかと思いますが
「サイクルサッカーというスポーツが世の中にあるんだ!」
ということだけでも知っていただけたら幸いです。
 
Advertisement
 
マイナースポーツ部では
「こんなスポーツを掲載してほしい!」
「体験会情報を記事に掲載してほしい!」
 
などのご要望を絶賛大募集しております。
 
Twitterもしくはコメント欄、
このサイトのお問い合わせページからご連絡頂きますよう
宜しくお願いいたします!
 
 
それでは、また明日!
 
 

サッカー系統カテゴリの最新記事