秋田県民は知ってて当然?第2の五輪「ワールドゲームズ」とは?

秋田県民は知ってて当然?第2の五輪「ワールドゲームズ」とは?
第2のオリンピック

 
 
どうも!
マイナースポーツ部です。
 
 
 
この記事をご覧のアナタ。
 
「ワールドゲームズ」をご存知ですか?
 
 
聞き馴染みの無い方も多いかと思います。
 
 
今回はいつもの記事とは趣向変えて、
第2のオリンピックと呼ばれる
ワールドゲームズという大会について解説していきます。
 
 
↓10秒で分かるこの記事の概要↓
・ワールドゲームズとは、五輪のサブ的存在
・日本もかなり好成績を残している大会
・次は2021年!アメリカで開催
 
Advertisement
 

ワールドゲームズとは?

そもそも「ワールドゲームズ」という言葉が
日本においては、なかなか馴染みが無いと思われます。
 
一言で表すならば、
オリンピックの補完的大会」です。
 
オリンピックでは採用されていない種目を中心に集めた大会で
時期はオリンピック同様に4年に一回開催されており、
通常、夏季オリンピックの翌年の夏に開催されます。
 
記念すべき第一回ワールドゲームズは、
1981年にアメリカ・バーミンガム州で開催されました。
 
オリンピックの第一回(1896年)と比べると
約100年遅れてからのスタートとなりました。
 

オリンピックとは何が違うのか

第2のオリンピックと呼ばれる、ワールドゲームズ。
 
それでは、オリンピックとの違いは何でしょうか。
 
一番大きいところで、以下の点が異なります。
 
オリンピック(2016)
ワールドゲームズ(2017)
競技の数・種類
28競技
31競技(五輪以外の競技)
開催年度
夏季五輪の翌年
 
オリンピックには無い競技、つまり比較的マイナースポーツが
競技としてワールドゲームズに採用されています。
 

採用される種目の基準は?

ワールドゲームズに採用される種目は、オリンピックに無い種目ですが
それ以外にも実は厳格な基準が存在します。
 
①オリンピックに採用されていない種目
②世界4大陸・40か国以上に協会が存在する
③世界選手権などが3回以上開催されている
 

これまでのワールドゲームズの結果まとめ

 
↓過去の結果一覧↓
開催年
開催国
最多メダル獲得国
日本の結果
参加国数
1981
アメリカ
アメリカ(99個)
5位(16個)
32
1985
イギリス
イタリア(78個)
10位(8個)
34
1989
ドイツ
イタリア(51個)
10位(13個)
37
1993
オランダ
ドイツ(54個)
13位(5個)
49
1997
フィンランド
アメリカ(46個)
8位(14個)
48
2001
日本(秋田県)
ロシア(44個)
7位(25個)
49
2005
ドイツ
ロシア(57個)
11位(18個)
60
2009
台湾
ロシア(47個)
12位(15個)
62
2013
コロンビア
ロシア(53個)
11位(10個)
59
2017
ポーランド
ロシア(63個)
7位(22個)
63
2021
アメリカ
※()内の個数は、金・銀・銅メダルの獲得合計)
 
 
ご覧の通り、近年はロシアが圧倒的に強く
2001年から負けなしのメダル獲得数首位です。
 
また、日本代表も世界の上位に食い込む成績を残しています。
近年だと参加国も増加している状況ですので大健闘ですね。
 
 
あと、2001年には日本の秋田県で開催されたんですよ。
 
当時は全国放送されたそうですが、
皆さん、ご存知でしたか…?
 

2017ワールドゲームズの種目一覧

 
2017年のワールドゲームズは、
7月中旬にポーランドの都市ヴロツワフにて開催されました。
 
第10回開催となったこの大会では
合計で31種目のスポーツが公式種目として採用され
世界各国から4,000名以上のアスリートが参加しました。
 
日本からも、98名のトップアスリートが活躍しました。
 
 
↓2017年の競技種目はこちら↓
エアスポーツ
アーチェリー
ビリヤード
ブールスポーツ
ボウリング
カヌーポロ
ダンススポーツ
フィンスイミング
ファウストボール
フロアボール
フライングディスク
体操
ハンドボール
柔術
空手
コーフボール
ラクロス
ライフセービング
ムエタイ
オリエンテーリング
パワーリフティング
ローラースポーツ
スポーツクライミング
スカッシュ
相撲
綱引き
水上スキー・ウェイクボード
アメフト
ローイング
キックボクシング
スピードウェイ
 
 
(※赤文字:日本代表選手が参加した競技
(※    :そのうちメダル獲得できた競技)
 
 
 
多くの競技・種目で日本代表選手が大活躍しています!
 
それでは次の項では、
日本代表の活躍した競技について解説していきます。
 

2017年ワールドゲームズでの日本代表の活躍

2017年開催のワールドゲームズでは
日本は、総合7位で22個のメダル(うち9個金メダル)という
素晴らしい成績を残してくれました。
 
ちなみに日本が金メダルを獲得した種目は
・エアロビクス体操/トリオ混合
・空手
・ライフセービング(4×50mリレー)
・スポーツクライミング
・ウォータースキー&ウェイクボード
 
中でも、空手の種目においては合計4個の金メダルを獲得し
日本は空手が強い国であることが改めて分かります。
 
また、ライフセービングでも合計4つの金メダルを獲得しており
流石、島国ニッポンです…!
 
 

次の2021年ワールドゲームズは?

次回のワールドゲームズは、2020東京オリンピックの翌年である
2021年7月15~25日にアメリカのアラバマ州バーミンガムにて開催されます。
 
このバーミンガム州は、何を隠そう
第一回ワールドゲームズ開催された地なのです。
 
この歴史ある場所にて、第11回目の大会が開催されます。
 
詳細はまだ分かっていませんが
今後も注目していきます!
 

まとめ

第2の五輪、ワールドゲームズ。
 
オリンピックの補完的要素が強いイメージの大会ですが
実は採用されている競技は、どれも大きなポテンシャルを秘めており
全世界の人に楽しまれているのも事実。
 
日本国内では、認知度が低い印象を受けるワールドゲームズですが
日本代表選手が世界の名だたるトップアスリートに引けを取らずに
名勝負を繰り広げているので、今後も注目ですね~
 
次は、2021年!
 
楽しみにしています。
 
 
Advertisement
 
 

コラムカテゴリの最新記事