【フラッグフットボール】タックル禁止のアメフト!小学校教育にも採用

【フラッグフットボール】タックル禁止のアメフト!小学校教育にも採用
実は文部科学省推奨の球技です。

 
 
どうも!
マイナースポーツ部です。
 
 
 
2019年の一大スポーツイベントと言えば…、
 
 ラグビーワールドカップですね!
 
 
4年に一度の大会が、日本で開催されることもあってか
各地でかなり広告に力を入れているようにも感じます。
 
 
さて、
 
今日のマイナースポーツは!
 
そんな、話題のラグビーに似た競技…。
 
 
 
その名も、
 
 「フラッグフットボール
 
について解説してみます。
 
 
記事中では実際のプレー動画や
体験会情報も紹介してますので是非最後までご覧ください(^^♪
 
 
↓10秒で分かるこの記事の概要↓
・タックル禁止の比較的安全なアメフト
・タックルの代わりに腰に付けた”フラッグ”を取る
・文部科学省推奨の球技で日本全国で活発
 
 
 
Advertisement
 

そもそもラグビーとアメフトの違いって何?

 
少し気になったのでまとめてみました。
 
ここでは、詳細は割愛しますので
かなり”ざっくり”とした違いを述べます。
 
 
ラグビー
アメフト
チーム人数
15人
11人
ボール
基準ラグビーより一回り小
装備
ほぼ生身
わりと重装備
パス真横or後ろ方向のみ一度だけ前方OK
タックル
色々と制限あり頭以外はどんな手段でもOK
 
総合すると、
アメフトはラグビーよりもプレーの自由度が高い為、自然と危険度も増します
 

一方、フラッグフットボールとは?

 
本題へ戻ります!
 
一方でフラッグフットボールとは、
ラグビーやアメフトの試合では頻繁に見られる”タックル”を禁止した
比較的安全に設計されたスポーツです。
 
 

どこで生まれた?

フラッグフットボールは、アメフトの本場アメリカで考案されました。
 
日本国内でもその競技の安全性が評価され
2002年時点で、1000校12万人が経験したほどの普及ぶり。
 
学生の時、体育の時間でやったことがある!
という方も多いのではないでしょうか。
 

実際に動画を観てみよう!

 
では、実際にフラッグフットボールをプレーしている動画を観てみましょう。
 
ラグビーやアメフトとは異なり、コンタクトプレーが無いので
相手をヒラリヒラリと避けながら走る様子は観ていて面白いです。
 

 
 

必要な用具・フィールド

 

ボール

使用するボールのサイズには、2種類あり
年齢別に分かれています。

フラッグ

フラッグフットボールの特徴である、腰の位置に付ける”フラッグ”。
タックルの代わりにこのフラッグを取ることで、相手の動きを止められます
 
専用のフラッグは、プレイヤーのズボンの中に入れます。
 
また、フラッグを取られた場合
取られた地点から攻撃が再スタートされます。
 
ちなみに、ボールやフラッグはコチラから購入が出来るようです。
https://www.qbclubstore.com/fs/qbclub/c/flagfootball
 

フィールド

フラッグフットボールをプレーするフィールドは
ラグビーやアメフトよりも狭いのが特徴です。
 
 
フラッグフットボール
ラグビー
アメフト
全長 (m)
54
~100
109
全幅 (m)
27
~70
48
 

これだけ知っておけばOK!5つの超基本ルール

①1チーム3~5名構成

ラグビーは15人・アメフトは11人という構成に対して
かなり少ない人数で試合ができるので
気軽にプレーしやすいのはGOODです。
 
日本国内では、1チーム5名で行う場合が多いようです。
 
ちなみに、試合は前後半20分×2の合計40分でプレーされます。
 

②攻撃の度に「みんなで作戦タイム」

フラッグフットでは、前後半合計40分の間に
攻撃と守備が交互に繰り返されます。
 
ここでフラッグフットボールの特徴的なルールが
攻撃の度に「ハドル」という作戦タイムのような時間が設けられることです。
 
この時間には、全員が集まり、
次はどう動こうか?
こうすればいいんじゃないか?
 
といった話し合いを行います。
 
戦略的に試合を進める方法・手段を自ら考える場があるので
教育の現場で採用されるのも頷けます。
 

③タックルの代わりにフラッグを取る。

基本的なルールです。
 
フラッグフットボールではタックルが禁止されており
その代わりに、腰に付けた黄色いフラッグを取ることで
相手の動きを止めることが出来ます。
 
フラッグを取られると、一旦プレーが止まり
その地点から攻撃を再スタートさせます。

④作戦が多彩で面白い

ラグビーやアメフトも同様ですが、
フラッグフットボールにも多種多様な作戦が存在しています。
 
例えば、試合中にボールを持っていない選手が
ボールを受け取ったふりをして相手を引き付けたり、
壁となる動きをして味方の通り道を作ったり…
 
ボールを持たない選手も活躍できるのは良いですね。
 

⑤得点方式は3通りある

得点が入る場合は、大きく分けて3通りあります。

●タッチダウン

・6点獲得できます。

●エキストラポイント

タッチダウン成功後に以下2つの選択肢が得られます。
 
(1)ゴール前5ヤードからの地点で攻撃開始。
このときにタッチダウン成功したら1点
 
(2)ゴール前12ヤードからの地点で攻撃開始。
このときにタッチダウン成功したら2点

●セーフティ(守備側が得点)

・ボールを持った攻撃側プレイヤーが、
守備側エンドゾーン内でフラッグを取られたり、ボールを落とした場合に
守備側チームに2点が入ります。
 
 
 
では、最後に
ルールをもっと分かりやすく説明した動画を紹介します!

 
 

公式試合や大会情報

 
日本国内においては、比較的盛んにプレーが行われています。
 
国内では、毎年日本選手権が開催されており
小学生の部から大人の部まで幅広く、かつ広範囲に普及されています。
 
今年の日本選手権の決勝は
2018年12月24日(土/祝)に開催されます。
 
場所は、川崎市の「富士通スタジアム川崎」です。
 
 

日本で体験できる場所は?

 
不定期で体験会が各地で開催されているようですが
直近では、見つけられませんでした。
 
情報が入り次第、掲載していきます!
 
 
その他マイナースポーツの体験会については
こちらの最新カレンダーをご覧下さい(^^♪
 

フラッグフットボールのココが凄い!

・比較的安全、少人数、省スペースで出来る
・全員で戦略を考えるのが面白そう
・日本全国で活発に活動されている
 

まとめ

 
比較的安全に設計されたフラッグフットボール。
 
それだけでなく、
5人という少人数で出来るという点と、省スペースでプレーできる点、
ハドルという作戦タイムが導入されている点などが評価されて
 
実は、文部科学省に推薦球技として採用されているほど。
 
 
作戦タイム、やってみたい…。
 
 
今日はここまで!
また明日!
 
 
マイナースポーツ部では
「こんなスポーツを掲載してほしい!」
「体験会情報を記事に掲載してほしい!」
などのご要望を絶賛大募集しております。
 
Twitterもしくは
このサイトのお問い合わせページからご連絡頂きますよう
宜しくお願いいたします!
 
 
それでは、また明日!
 
Advertisement
 

【おまけ】フラッグフットボールに似たマイナースポーツ

 
ゲーリックフットボールは、手が使えるサッカーのようなスポーツです。
 

ラグビー系統カテゴリの最新記事