【オイナ】動物の毛をボールに詰め込む!?野球とドッジボールが混ざった謎の競技
野球+ドッジボール!?

 
 
どうも!
マイナースポーツ部です。
 
今日のマイナースポーツは!
 
野球とドッジボールの融合したスポーツ。
 
 
その名も、
 
オイナ
 
についてどこよりも詳しく解説していきます。
 
 
 
記事中では実際にオイナをプレーしている動画も紹介してますので
是非最後までご覧ください(^^♪
 
 
↓10秒で分かるこの記事の概要↓
・オイナとは「野球+ドッジボール」
・ルーマニア発祥のスポーツ(←珍しい)
・ボールの中には”動物の毛”が入ってる。ふわふわ?
 
 
[adchord]
 

オイナとは?

オイナを一言で表すと、
野球とドッジボールを合わせたスポーツで、
 
トスされたボールをバットで打った後に
守備側のチームからボールを体に当てられないように走ることが求められる競技です。
 
以前、マイナースポーツ部で取り上げた
ラプター」と非常に似ています。
 
(参考)
 

どこで生まれた?

オイナは、今から約700年前の
14世紀頃にルーマニアで発祥したと言われています。
 
ルーマニア国内では伝統的なスポーツで
国内では定期的に大会も開催されています。
 
ちなみに、日本には未上陸のマイナースポーツです。
 

実際に動画を観てみよう!

 
実際に、オイナをプレーしている動画を観てみましょう!
 
このオイナというスポーツ、
選手たちの喜び方が観てて面白いですよ(笑)

 

オイナに必要な用具・施設

オイナのボール

オイナで使用されているボールは少し特殊で
直径8cm、重さ140g(野球ボールとほぼ同じ)で
馬・豚・牛の毛で満たされた革製のものを使用されます。
 
ですので、
通常の野球で使用されるような硬いボールではなさそうですね。
 
ドッジボール要素もあるので、体に当たっても
痛すぎないように設計されています。
 

オイナのフィールド

オイナがプレーされるフィールドは
通常の野球のような扇形ではなく長方形となっております。
 

これだけ知っておけばOK!4つの超基本ルール

①1チーム11人構成

野球での9人とは異なり、オイナの場合は11人でプレーされます。
 

②打った後は、4つのラインを通過して戻ってくる

オイナのフィールド上には、4つのラインが設けられており
バッターは、ボールを打った後に
その4つのラインを通過して、再度戻ってくることで得点することができます。
 

③ボールをぶつけられたらアウト

守備側チームがしなければいけないことは、
走っている相手選手めがけてボールを当てることです。
 
通常の野球であれば、あり得ないですが
オイナの場合は、ボールを体に当てることによりアウトを取れます。
 

④たったの30分で試合終了!?

試合は、30分で終了してしまいます。
 
野球とは異なり、時間制で攻守交替されますので(時間配分は調査中です…)
時間が読みやすいですね。

公式試合や大会情報

 
ルーマニア国内では、
ルーマニアカップという大会が定期的に開催されているようです。
 
また、世界的に見ると
全米選手権というものも開催されているようですが
詳細は現在調査中です…。
 
謎多きスポーツです…。

日本で体験できる場所は?

 
残念ながら、オイナは日本未上陸のスポーツであるため
体験できるような場は現時点ではありません…。
 
 
他マイナースポーツの体験会については
こちらの最新カレンダーをご覧下さい(^^♪
 
 

オイナのココが凄い!

・ルーマニア発祥って珍しい。
・日本未上陸!多分誰もやっていない未開拓スポーツ。
 

まとめ

野球+ドッジボールの融合、オイナ。
 
個人的には、
ルーマニア発祥という点が珍しく、非常に興味深いです。
 
日本には上陸していないスポーツですので
気軽に体験はできませんが、
「オイナというスポーツが世の中にあるんだ!」
ということだけでも知っていただけたら幸いです。
 
 
 
それでは!
 
 
マイナースポーツ部では
「こんなスポーツを掲載してほしい!」
「体験会情報を記事に掲載してほしい!」
 
などのご要望を絶賛大募集しております。
 
Twitterもしくは
このサイトのお問い合わせページからご連絡頂きますよう
宜しくお願いいたします!
 
 
 
 
それでは、また明日!
 
[adchord]
 

【おまけ】オイナに似たマイナースポーツ

 
やはり、オイナに似ているスポーツと言えば
ロシア発祥の「ラプター」ですね!
 
こちらもオイナとほとんどルールが同じです。
 
 
 
おすすめの記事