【ラプター】野球のノック+ドッジボール!ロシア式の少し変わったマイナースポーツ

【ラプター】野球のノック+ドッジボール!ロシア式の少し変わったマイナースポーツ
トスされたボールを打つ!

 
 
どうも!
マイナースポーツ部です。
 
今日のマイナースポーツは!
 
私たち、日本国民なら誰もが知っているスポーツ、
「野球」の
祖先とされる競技。
 
その名も、
ラプター
について解説していきます。
 
 
記事中には実際のプレー動画も紹介しているので
是非最後までご覧ください(^^♪
 
 
↓10秒で分かるこの記事の概要↓
・ラプターとは「野球のノック+ドッジボール」
・ロシア発祥で野球よりも歴史が古い
・日本未上陸のマイナースポーツ
 
Advertisement
 

ラプターとは?

ラプター(Lapta)とは、一言で表すと
「野球のノック+ドッジボール」
のようなイメージです。
 
バッター(攻撃側)がトスされたボールを打った後に走り、
守備側は、ボールを攻撃側の選手の体に当てることでアウトにできます。
 
野球のように、”ピッチャー”という概念は無く
バッターは、自身の真上に優しくトスされたボールを打つので
技量にあまり左右されず、老若男女が十分に楽しめる競技内容となっています。
 
 

どこで生まれた?

ラプターは、14世紀頃にロシアで発祥しました。
 
野球の発祥が18世紀頃ですので
ラプターが野球の先祖的存在と言われています。
(事実かどうかは分かりませんが…。)
 
現在では、ロシア国内で約一万人の競技人口を誇りますが
日本においては、まだプレーしている人は居ないと思われます…。
 
出ました、日本未上陸スポーツ。
 
 今なら、第一人者になれますよ。
 
 

実際にラプターのプレー動画を観てみよう!

 
では、実際にどのようにラプターがプレーされているのでしょうか。
 
今回は、ルールの解説よりも先に
まず動画を観ていただきたいと思います。
 
ざっくりとイメージしていただけると幸いです。
 
↓実際のプレー動画はコチラでまとめました↓

ラプターに必要な用具

 
ラプターに必要な用具は、
バットとボール、そして、一風変わったフィールドです。

ラプターのバット

ラプターで使用されるバットは、野球と同じように木製の棒です。
 
バットのサイズは
一般的な野球で使用される木製バットよりも少し重く、長いです。
 
 
ラプターのバット
野球での一般的な木製バット
直径 (cm)
5
6.6
重さ (g)
1,500
900
長さ (cm)
60~110
83~85
 
 
 

ラプターのボール

ラプターで使用されるボールは、
硬式テニスボールのような外観です。
 
重さは60gほどで硬式テニスボールとほぼ同じ重さです。
 
流用は簡単ですね。
 

ラプターのフィールド

ラプターでの一番特徴的な部分が
このちょっと変わった形のフィールドです。
 
プレーは、屋内・屋外問わずに可能ですが、
 
屋外フィールドの場合は
広さはサッカーのスタジアムの約半分ほどです。
 
 
ラプター(屋外)
サッカー(国内基準)
全長 (m)
53
105
全幅 (m)43
68
 
また、野球場のように扇型のフィールドではなく
長方形フィールドですので場所の流用はしやすそう
 

これだけ知っておけばOK!ラプター3つの超基本ルール

野球とは、異なる部分も多くあるので
最低限の部分を重点的にお伝えしていきます。

①1チーム6名構成

ラプターの場合、1チーム6名で構成されます。
 
また、試合は野球のように回数ではなく
予め決められた「30分」という時間内に各々攻守を行い、
30分が終了した時点で、5分休憩を挟み、次の攻守へ交代します。
 

②トスされたボールを打つ

野球とは異なり、バッターは優しく真上にトスされたボールを打ちます。
 
これなら、老若男女に無理なくプレーができますね!
 
その証拠に、
ロシア国内では女性がラプターを積極的にプレーしている記事も多く見かけました。
 

③打った後、別のランナーが走って、再度戻ってくる

 
トスされたボールをバッターが打った後は、
バッターではなく、自チームのランナーが走り出します。
 
そして、予め用意されたラインまでランナーが到達したら
再度、自陣まで戻ってくることで得点が入ります。
 
この、ランナーが走っている最中に
守備チームからボールを体に当てられるとアウトとなります。
 
このあたりがドッジボールと似ていますね。
 
 
 
 

公式試合や大会情報

 
ラプターは、ロシア国内ではそこそこの人気を誇るものの
海外に目を向けてみると、ヨーロッパ諸国・欧米諸国等での普及は進んでおらず
世界的に大きな選手権等も無いようです。
 
ロシア国内では、リーグ戦のようなものが開催されているようですが
情報が乏しく現在調査中です…。
 

日本で体験できる場所&日本代表は?

 
残念ながら、
日本代表や日本国内でラプターを体験できる場は現時点では存在しておりません。
 
まぁ、バット・ボールは代替が効きますし
フィールドも流用しやすいので
やろうと思えばラプターっぽいことは十分にできます!
 
 
 

ラプターのココが凄い!

・トスされたボールを打つので比較的簡単
・屋内外問わずにプレーできる
・野球場のような特殊なフィールドは必要ない
 

まとめ

「野球のノック」と「ドッジボール」が混ざったスポーツ、ラプター。
 
日本では未上陸のスポーツですので
今始めれば、きっと第一人者になれます!
 
 
毎度のことですが、この記事を読んで頂き、
「ラプターというスポーツが世の中にあるんだ!」
 
…ということだけでも知っていただけたら幸いです。
 
 
明日の話題にどうぞ!
 
 
それでは
また明日~。
 
~~~~~~
 
マイナースポーツ部では
「こんなスポーツを掲載してほしい!」
「体験会情報を記事に掲載してほしい!」
 
などのご要望を絶賛大募集しております。
 
Twitterもしくは
このサイトのお問い合わせページからご連絡頂きますよう
宜しくお願いいたします!
 
Advertisement
 
 

【おまけ】ラプターに似たマイナースポーツ

 
ラプターに似たマイナースポーツとして
やはり「ペサパッロ」が挙げられます。
 
こちらはフィンランド発祥の野球に似たスポーツで
野球よりも戦略の幅が広いことが特徴です。
 
 
是非、こちらもご覧ください(^^♪
 
それでは!
 
 
 
 

野球系統カテゴリの最新記事