【フットバッグ】部屋の中でも気軽に出来る!お手玉リフティング

【フットバッグ】部屋の中でも気軽に出来る!お手玉リフティング
室内でも気軽にできる!

 
 
どうも!
マイナースポーツ部です。
 
 
突然ですが
“秋”といえば、「スポーツの秋
ですよね。
 
秋晴れ」という言葉もあるくらい
秋は過ごしやすい天気が多いのが特徴。
 
気温も暑すぎず、寒すぎず
スポーツをするには持ってこいの季節ですね。
 
 
 しかし!
 
 
一方で秋は台風が訪れやすい時期でもあり
屋外のスポーツをするには、毎日の天気が気になる季節…
 
そんな時に、
「室内でも気軽にプレーできるスポーツがあれば…」
 
 
そんなスポーツをお探しのアナタに
本日紹介するのは
 
フットバッグ
 
 
というスポーツ。
 
 
日本での競技人口は少なく、
まだまだマイナースポーツというイメージですが
 
実は海外では大人気なんです!
 
そんなフットバッグの
ルールや体験会情報を紹介していきます(^^♪
 
Advertisement
 

フットバッグとは?

 
音楽に合わせて直径5cm程のお手玉のようなボールを足で蹴り続け
その難易度・芸術度で得られる点数を競う、マイナースポーツ。
 
つまり、
お手玉でいかにカッコよくリフティング出来るか。
ですね。
 
正式競技名称は、
フットバッグ・フリースタイル
 
このお手玉を使用した競技は他にもあり、
セパタクローのようにネットを挟んでプレーする
フットバッグネット等も存在します。
 
 
【参考記事】
セパタクローとは?

どこで生まれた?

フットバッグは、1972年にアメリカで発祥しました。
 
考案者は、アメリカ・オレゴン州の医師マイク・マーシャルさん。
 
元は、膝の手術をした患者のリハビリの為に考案されたもので
最初は、靴下の中に豆を詰めたものでプレーされていたそうな。
 
現在では、アメリカを中心に600万人以上の競技人口を誇るまでに普及。
 
日本でも、CMの映像として使用されるなど、じわじわと認知されつつあり
国内競技人口は、用具を持っている人が3,000名程
実際に大会に出場する選手レベルで50名程と言われています。
 
国内では、プロのフットバッガーでCMにも出演している
石田太志さんが一番有名ですね。
 
 

必要な用具

フットバッグに必要なものは、
お手玉(フットバッグ)のみです!!
 
なんて気軽にできるスポーツ…!

フットバッグの詳細

競技で使用されるフットバッグにはいくつかルールが存在します。
 
・球形で柔らかい材質(硬いのはNG)
・お手玉の中身は任意
・直径は2.54~6.35cm、重量は20~70g
 
フリースタイル・フットバッグにおいて一般的に使用されているのは
・スエード生地
・中身は金属粒
・直径4~5cm、重量は60g前後
 
といったタイプのものが多いようです。
 
 
お安いものだと
一個1,000円程から購入できるようですね。
 
ちなみに、
フットバッグはこちらで販売されています。
 
石田大志さんオフィシャルECサイト
https://footbagmania.com/
 
国内ジャグリングショップ
http://www.naranja.co.jp/juggling/web-categories/13
 
 

これだけでOK!フットバッグ2つの超基本ルール

この章では、最も代表的なフリースタイルでのルールについて
ご紹介します。

①音楽に合わせてプレーする

フットバッグは、技の芸術点も評価対象ですが
大前提として、流れている音楽に合わせてプレーすることが求められます。
 

②競技時間は1分半~2分

フットバッグの競技時間は、
 
上級者の場合、2分
中級者の場合、1分半
 
で行われます。
 
審査を行う複数の審査員には、
芸術点(6点満点)+技術点(6点満点)の合計12点満点
各々与えられており、この合計点で順位を決めます。
 
 

フリースタイル以外の種目

”フリースタイル”以外にも
 
シュレッド30”と呼ばれる
30秒間だけで高度な技を披露する種目や
 
ビッグ・スリー”と呼ばれる
大技を3回連続で披露する種目なども存在します。
 
その他の種目についてはこちらをご覧ください。
http://footbag.jp/rule.html
 

フットバッグの実際のプレー動画

フットバッグのルールは極めてンプルで
いかにカッコよくプレーできるかが鍵です。
 
↓実際のプレー映像はコチラでまとめましたので是非ご覧ください↓

 

選手権大会情報

世界選手権

フットバッグは、各地で世界選手権大会が開催されています。
 
特に、IFPA世界フットバッグ選手権大会は
毎年開催されており
39回目を誇る2018年大会は、
ブルガリアのソフィアという都市で7月に開催されました。

日本選手権

一方でフットバッグは日本でも2003年から毎年
日本選手権が開催されています。

石田太志さんが強すぎる

日本国内において最強のフットバッガーとして君臨するのが
石田太志さん。
 
CMや各地イベントで大活躍しているだけでなく
競技としての実力も凄いんです。
 
2014年の世界選手権では、アジア人初の総合優勝を果たし
 
2018年の世界選手権でも、
フリースタイル種目で、世界2位
シュレッド30という種目でも、世界1位に輝き
ここでも、総合優勝を果たすという圧倒的強さ。
 
ちなみに、2017年開催の日本選手権でも総合優勝してます。
 

日本で体験できる場所は?

不定期ですが、日本全国各地で体験会が開催されています。
 

日時:10月28日(日)8:30~16:00

場所:栃木県足利市 五十部運動公園

費用:無料

 
詳しくはこちら↓
https://www.kidscarnival-ashikaga.com/
 
 

フットバッグのココが凄い!

・場所を選ばず、室内でも気軽にできる
・誰でも分かるシンプルなルール
・国内競技人口は数十人程!今なら日本代表に…!
 

まとめ

室内(自宅の部屋)でも気軽にプレーできるフットバッグ。
 
気軽に出来る半面、その芸術性・技術を最大限発揮させるには
相当な努力も必要なんだろうなぁとも感じます。
 
雨の日でも室内で楽しめるスポーツ、フットバッグ。
 
あなたも是非(^^♪
 
今日はここまで!
 
Advertisement
 
 
マイナースポーツ部では
「こんなスポーツを掲載してほしい!」
「体験会情報を記事に掲載してほしい!」
などのご要望を絶賛大募集しております。
 
Twitterもしくは
このサイトのお問い合わせページからご連絡頂きますよう
宜しくお願いいたします!
 
 
 
それでは、また明日!
 

サッカー系統カテゴリの最新記事