【360ボール】テニスとスカッシュが混ざった新感覚スポーツが超面白そう

【360ボール】テニスとスカッシュが混ざった新感覚スポーツが超面白そう
またまた日本未上陸スポーツです…!

 
 
 
どうも!
マイナースポーツ部です。
 
 
もう、お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが…
 
 
このマイナースポーツ部というサイトでは
 
実は、テニス系のラケットスポーツを多く紹介してきています。
 
 
 
 
…いや、
 
特に理由は無いのですが
 
 

もしかしたら、

ラケットスポーツはルールを多角化しやすい系統かもしれないですね。
 
 
 
そして、
 
今回解説するスポーツもテニス系のラケットスポーツ。笑
 
 
テニスとスカッシュが混ざったマイナースポーツ
 
その名も、
 
360ボール
 
というスポーツを
背景やルールについて、どこよりも詳しく徹底解説します。
 
プレー動画も紹介してますので是非最後までご覧ください(^^♪
 
Advertisement
 

360ボールとは?

360ボールとは
簡単に言えば、「テニスとスカッシュが混ざったスポーツ」で
その名の通り、360度(°)円形コートでプレーされるラケットスポーツです。
 
円形コート周囲に、透明なプラスチック板またはネットが存在し
コート中央には、凹状のゴム状ディスクを設置され、
そこにボールを打ち合うことでテニスのようにラリーを続けることができます。
(※この周囲のプラ板・ネットは無くてもOK)
 
斬新で、他のスポーツには無い、
新感覚なマイナースポーツです。
 
 

360ボールはどこで生まれた?

360ボールは、1980年頃に南アフリカで発祥しました。
アフリカ発祥のスポーツって、珍しいんですよね~。
 
考案者は南アフリカのとある兄弟、マークさんとジョンさん。
 
2011年にドイツにて世界の革新的なスポーツを称える栄誉ある賞を受賞すると
そこから、スペイン・フランス・オランダ等のヨーロッパ諸国に普及していきました。
 
しかし、
日本では、未上陸のスポーツです…!!
(マイナースポーツ部調べ)
 
まだプレーしている方は日本には居ないと思われますので
今なら、360ボールの第一人者になれるかも…!
 
アツい!
 

必要な用具は?

 
360ボールに必要なものは、少しハードルが高いですが
最低限必須の物だけでも揃えれば、すぐにでもプレーできそう。

ラケット(必須・代替可)

360ボール専用のラケットの情報は現在調査中です…。
(ネットには情報が無く…)
 
しかし、動画でプレーを観てみる限り
普通の硬式テニスラケットよりも小さめのように見えます。
 
ラケットについては、代替可能な物とします。
 

ボール(必須・代替可)

ボールは公式データが公開されています。
材質はゴム製で、サイズ感は以下の通り。
 
360ボール
テニスボール
重さ (g)
32~35
56.0~59.4
直径 (cm)
6.5
6.54~6.86
 
イメージとしては、
硬式テニスボールとほぼ同じ大きさで、”軽い”感覚ですね。
 
どれくらい弾むか等の情報はありませんが
ボールに関しては比較的、代替可能な用具だと思います。
 

中央に設置されるディスク(必須・代替可?)

これは、少し特殊な用具ですね。
 
ディスクのサイズは、
直径2.5m、バウンド可能部分では直径1.5mとされています。
 
また、正確にはディスクの周囲部分が盛り上がっている形状なので
代替するには…少し考えないといけないでしょうね。
 

周囲を囲む円形の壁(無くてもOK)

 
360ボールのコート周囲には、
透明なプラスチック(高さ2.5m)またはネットが設置されていますが
 
実は、この周囲壁は必須ではありません。
 
これは何を意味するかというと
360ボールは場所を選ばない、ということです…!
 
屋内でのプレーはもちろん、屋外(芝生、砂浜etc)でも
必要最低限(特に中心部のディスク)の用具さえ揃えば、手軽に楽しめます。
 
ただし、周囲壁が無い場合は
当然ながら、壁を利用するという“スカッシュ要素“が無くなります。
 
ちなみに、
円形コートの広さは153m²と規定されています。
 
 

これだけでOK!360ボール、5つの超基本ルール

360ボールのルールは、動画中でも説明していますが
こちらではもっと詳しく解説していきます。

①ディスクに跳ね返ってきたボールを打ち返せ!

基本ルールは、ディスクにボールを打ち当てて
相手がそれを打ち返すことを出来なかったら、点を獲得できます。
 
ディスクに1バウンドしたボールは
地面にバウンドする前に、再度ディスクに打ち返さなければいけません。
 
ですので、ディスクにボールを当てることが一番大事です。
 

②必ず合計2回ボールを打つ!

これは360ボールの独特なルールです。
 
ディスクに一度当たったボールは、
必ず一度自分に向けてトスするか、一度壁に当てて再度ディスクを狙うなどして
1ターン内に合計2回ボールを触る必要があります。
 
この2回のボールタッチや周囲壁を上手く利用して
相手が取りにくい軌道のボールを打つことが求められます。
 
また、
ダブルス(2対2)の場合は自分の仲間にパス(トス)をすることも可能です。
 

③相手コートとの境界線は無い!

360ボール独特のルールですね。
 
相手コートとの境目は存在しておらず、
文字通り360°全てが自分のコートです。
 
相手が打ち返しにくいボールを狙う・狙われる、という広い視野が必要になるだけでなく
360°動き回るだけの体力も必要になります。
 
運動不足の方には良いですね。
 
 

④壁のバウンドはカウントされない

これは、スカッシュと同様ですね。
 
周囲の壁に当たったボールは、バウンドとしてカウントされません。

⑤1ゲーム21点先取

公式ルールにおいて、セット数は規定されておりませんので
技量や経験、体力によってセット数は自由に設定しましょう!
 

ルールが分かったら実際に動画を観てみよう

360ボールのルールは完璧ですか…!?
 
実際のプレー動画をコチラでまとめましたので是非ご覧ください

 

公式試合や大会情報

現在、世界規模の大会は開催されていないようです。
 
しかし、クラブチームとしては
南アフリカ・スペイン・フランス・オランダに存在しています。
 

日本で体験できる場所は?

現在、調査中です…!
 
もしご存知の方がいらっしゃったら、教えてください((+_+))
 

360ボールのココが凄い!

・360°の広い視野が求められる新感覚スポーツ
・広い場所を必要としない!
・日本未上陸…!今なら第一人者に。
 

まとめ

テニスとスカッシュが混ざったラケットスポーツ、360ボール。
 
他のスポーツには無い、独特なルールや広い視野が求められるのは面白いですね~
 
日本では、おそらく未上陸ですので
今から始めれば第一人者になれるかも…!
 
必要な用具も代替可能な物が多いので
是非、プレーしてみたい…!
 
 
 
マイナースポーツ部では
 「こんなスポーツを掲載してほしい!」
 「体験会情報を記事に掲載してほしい!」
 
などのご要望を絶賛大募集しております。
 
Twitterもしくは、このサイトのお問い合わせページから
ご連絡頂きますよう宜しくお願いいたします!
 
 
それでは、また明日!
 
Advertisement
 

【おまけ】360ボールに似たマイナースポーツ

ルールは、スカッシュに似ているスポーツなので
感覚としては、ラケットボールが似ていますね!
 
 
 
また、「日本未上陸」という意味では、クロナムも同じですね。
誰か、第一人者になりませんか…?笑
 
 

テニス系統カテゴリの最新記事