【ラケットボール】スカッシュとの違いは?実は時速300km超のスポーツ

【ラケットボール】スカッシュとの違いは?実は時速300km超のスポーツ
実はカロリー消費量がテニスの2倍。

 
 
 
どうも!
マイナースポーツ部です。
 
 
突然ですが、皆さん
 
ガリレオ」って観たことありますか?
 
 
そう、福山雅治さん演じる、天才物理学者の話です。
本だけでなくテレビ、映画にもなりましたよね。
 
そのガリレオのストーリーに出てくる、少し変わったスポーツがありました。
 
それが、「スカッシュ」です。
(福山雅治さんが涼しい顔でプレーしてましたよね。w)
 
 
今日のマイナースポーツは、
 
そのスカッシュ!…
 
 
…ではなく、
 
 
そのスカッシュによく似ていますが、
 
実はあまり知られていないスポーツ…、
 
 
その名も
 
ラケットボール」!
 
 
について、どこよりも詳しく徹底解説していきます。
 
記事後半では実際のプレー動画や体験会情報も紹介してますので
是非最後までご覧ください(^^♪
 
Advertisement
 

ラケットボールとは?

ラケットボール(racquetball)とは、
中空のゴムボールを壁に打ち合い、ラリーを続けるラケットスポーツです。
 
別名、パドルボールとも呼ばれます。
 
スカッシュによく似ている競技ですね。
 

どこで生まれた?

ラケットボールは、1950年にアメリカで誕生しました。
 
考案者は、アメリカ人発明家で元プロテニス選手であった
ジョセフ・ソベック(Joseph Sobek)さん。
 
1971年には日本にも上陸し、ラケットボールのコートが設立され、
現在では、日本全国に200以上のコートと30万人超えの愛好家を誇るまでになりました。
 
本国アメリカでは、競技人口が1,000万人を超えているとか。
凄い人気。

必要な用具や施設

ボール

ゴム製のボールを使用します。
 
他ラケットスポーツで使用されるボールと比較するとこんな感じ↓
 
ラケットボール
スカッシュ
卓球
直径(cm)
6
4
4.4
重さ(g)
40
28
2.4
 
ラケットボールのボールは、大人目線から落とすとヘソの高さまでバウンドし
スカッシュのボールは、同じ地点から落とすと足首までしかバウンドしない
 
とよく比較されます。
 
つまり、ラケットボールの方が、スピード感あるゲームになる
ということですね…!
 

ラケット

 

 
ラケットボール
スカッシュ
テニス
全長(cm)
調査中…
68
68.6
重さ(g)
調査中…110~200285~305
 
具体的なサイズは現在調査中ですが
 
ラケットボールのラケットは、
テニスラケットよりもフェイス面が大きいのが特徴です。
 

アイガード

目を保護する為に必須のアイテムです。
アイガードにもファッション性があって、オシャレさんにも楽しめる。
 

コート

 
コートに関しては、スカッシュのコートよりも若干広いです。
 
 
ラケットボール
スカッシュ
テニス(半面)
全長(m)
12.2
9.8
11.8
全幅(m)
6.1
6.4
10.9
高さ(m)
6.1
5.6
体積(m³)
453.9
351.2
 
こうやって比較してみると、ラケットボール(スカッシュ)のコートって
テニスコートの半面より横幅が大分狭いんですね~。
 

これだけ知っておけばOK!2つの超基本ルール

①ツーバウンドする前に壁に打ち返せ!

基本ですね!
 
勿論、壁から跳ね返ってきたボールを打ち返す際に
直接前面の壁に打ち返すのもOKですし
一度横壁に当ててから前壁を狙うのもOKです。
 
後者の方が、ボールの軌道が変化するので戦略的な攻め方をできます。
 
ラケットボールの場合は、前面の壁だけでなく
横壁・後ろの壁・天井、全ての壁を使用してOKです。
 
ここはスカッシュと異なる点ですね。
 

②サーブはワンバウンド後

サーブを打つ前は、コート上でワンバウンドさせてから壁に打ちます。
 
テニスって、素人目線だとサーブが一番難しそうだけど
ワンバウンドさせてからのショットなら
なんとか出来そう…。
 

スカッシュと異なる点

ラケットスポーツはスカッシュによく似た競技ですが
いくつか異なる点があります。
 
 
ラケットボール
スカッシュ
コートの広さ
若干スカッシュよりも広い
ボール弾みやすい弾みにくい
ラケット
・テニスよりフェイス面が広い
・紐を手首に通す
・外見はバドミントンラケットに似ている
使用できる壁
前面・横・後ろ・天井
前面・横・後ろ(但し制限有)
速度
300km/h(トップレベル)
200km/h(トップレベル)
発祥
1950年頃
1900年頃
 
天井も使って良いので、より多角的な戦略を展開できそう。

公式試合や大会情報

一番大きいのは、世界ラケットボール選手権大会
第一回が1981年、それから2年毎に世界各地で開催されている大会です。
 
↓世界ラケットボール選手権大会歴代優勝国↓
 
優勝チーム国(男女合計の総合結果)
1981
アメリカ
1984
アメリカ
1986
アメリカ・カナダ
1988
アメリカ
1990
アメリカ
1992
アメリカ
1994
アメリカ
1996
アメリカ
1998
アメリカ
2000
カナダ
2002
アメリカ
2004
アメリカ
2006
アメリカ
2008
アメリカ
2010
アメリカ
2012
アメリカ
2014
アメリカ
2016
メキシコ
2018
 
圧倒的最強国、アメリカですね。
これまでに計16回も優勝しております。
 
ちなみに
日本代表も世界選手権には出場しており
2000年の大会では、並みいる強豪を抑えて総合4位という結果も残しています!
 
今後も期待できますね。
 

日本で体験できる場所は?

 
全国各地で体験できる施設があります!
 
などなど…
 
 
まだまだ沢山ありますので、その他についてはこちらをご覧ください!
日本ラケットボール協会公式HP

ラケットボールのココが凄い!

・全ての壁を使えるという戦略性の高さ
・運動量が高いので運動不足やダイエットにピッタリ
・全国で体験できる施設が沢山ある!
 

まとめ

ドラマの影響で、スカッシュを知っている方は多いかとは思いますが
それによく似た”ラケットスポーツ”があることは、実はあまり知られていません。
 
実はラケットボールは、運動量が高いスポーツとも言われています。
 
1時間あたりのカロリー消費量は、
テニスの400kcalと比べて、なんと2倍の800kcal!!
 
運動不足の方にはピッタリですね。
 
 
 
↓実際のプレー動画はコチラでまとめましたので是非ご覧ください↓

 
 
マイナースポーツ部では
 
「こんなスポーツを掲載してほししい!」
「体験会情報を記事に掲載してほしい!」
 
などのご要望を絶賛大募集しております。
 
Twitterもしくは、このサイトのお問い合わせページから
ご連絡頂きますよう宜しくお願いいたします!
 
それでは!
 
また明日!
 
Advertisement
 

【おまけ】ラケットボールに似たマイナースポーツ

 
やはり、ウォールハンドボールですね!
こちらは「手」でボールを打ちますw
 

テニス系統カテゴリの最新記事