【ウォールハンドボール】気軽に出来る”壁打ち”スポーツが面白そう

【ウォールハンドボール】気軽に出来る”壁打ち”スポーツが面白そう
まさに「手ニス」!

 
 
 
どうも!
マイナースポーツ部です。
 
 
 
今日ご紹介するマイナースポーツは!
 
 
 壁があれば、すぐに出来る手軽なスポーツ
 
 
その名も
ウォールハンドボール」!!
 
聴き馴染みのない競技名かと思いますが
実は、日本全国各地で体験できる施設があるほどの人気っぷり!
 
 
記事の後半では実際のプレー動画や
体験会情報を紹介してますので是非最後までご覧ください(^^♪
 
Advertisement
 

ウォールハンドボールとは?

壁に対して、ラケットを使わずにグローブを装着した“手”でボールを打ち返すスポーツです。
 
ツーバウンドする前に相手に返すことでラリーが続けられます。
 
ラケットを使わない点を除けば、スカッシュとよく似ていますね。
 
 

どこで生まれた?

ウォールハンドボールの歴史はかなり古く、
紀元前500年頃のアイルランドが発祥と言われています。
 
そこから長い年月を経て、アメリカやヨーロッパ諸国を中心にプレーされています。
 
日本での競技人口は推定数百~数千人程。
 

実は、ウォールハンドボールと呼ぶのは日本だけ

ウォールハンドボールには少しややこしい事情があります。
 
そもそも世界的に「ハンドボール」という言葉には2種類の意味があります。
 
 
まず一つ目の意味が
 
7人のチームでボールをゴールに入れる競技
 
日本では、いわゆるハンドボールとはこのスポーツを思い浮かべる方がほとんどかと思います。
 
しかし実は海外では、上記の競技をハンドボールと表現するよりも
一般的に、「チーム・ハンドボール」や「オリンピック・ハンドボール」と呼んでいるのが現実。
 
 
 
一方で、二つ目のハンドボールの意味が
 
1人(または2人一組)でラケットを使わずに手でボールを壁に打ち返す競技
 
今回紹介する競技は、こちらの方です。
 
実は、海外ではこちらの競技のことを「ハンドボール」と呼んでいます
 
しかしご存知の通り、日本国内では「ハンドボール」という言葉は
明かに前者のスポーツをイメージする方が多いので
区別を付けるために、日本国内のみ「ウォールハンドボール」と表現しています
 
要するに、
日本ではウォールハンドボールと呼び、海外ではハンドボールと呼んでいる。
 
ということですね。
 

必要な用具リスト

ボール

ウォールハンドボールで使用するボールは、実は3種類あります。
(左から順に、ゴルフボール→レッド→ビッグ→ホワイト)
 
それぞれ、使用シーンが異なります。
レッドボール…男性一般用
ホワイトボール…女性一般用
ビッグボール…初心者、もしくは1Wall用(※)
(※1Wallについては詳しく後述します)
 
それぞれ、大きさと硬さが若干異なりますが
大体、画像中でも比較しているゴルフボールとほとんど同じ大きさですね。
 

専用グローブ

ウォールハンドボールは、手で打つことが特徴的な競技ですが
プレイヤーは必ずグローブ(手袋)を着用します。
(グローブ無いと、痛そう。)
 
使用する専用のグローブは、鹿革製の物が一般的です。
 
※ちなみにビッグボールでプレーする際は素手でもOKです。
 

アイガード(ゴーグルのような物)

ウォールハンドボールは打球のスピードが速く、目を保護する目的でアイガードが使われます。
 
ちなみに
ボールやグローブ等の用具については、
日本ウォールハンドボール協会公式ページから購入することができます。
https://jwha.jp/goods/
 
 
価格感は、こんな感じ(2018年10月時点)
・グローブ…2,500円~
・ボール…300円~/個
・アイガード…1,200円~
 

コートの広さ

 
(引用元:日本ウォールハンドボール協会HP)
 
実は、ウォールハンドボールをプレーするコートには2種類あります。
 
この二種類のコートについては、次の項で詳しく説明します。
 
 

これだけ知っておけばOK!3つの超基本ルール

①種目は、”1Wall”と”4Wall”の2種類ある。

先程説明した通り、
ウォールハンドボールでは種目によって2種類のコートを使い分けます。
 
まぁ、名前の通りなんですが…
1Wallの場合、壁が前面の1面のみ
 
4Wallの場合、四方を壁に囲まれています。
 
基本ルールは同じですが、
4Wallの方が、様々な壁面でボールの軌道が複雑になるので戦略性に富む一方で
1Wallの方は、壁が一面あれば良いのでどこでも手軽にプレーできますね。
 

②ツーバウンドする前に打ち返せ!

基本ですね。
 
ノーバウンド、もしくはワンバウンド以内にボールを壁に打ち返します。
 

③打てるのは「手」のみ

勿論、打てるのは「手」のみです!
手首もダメです。
 
ちなみに、
打つ時は左右どちらの手を使っても良いですし、拳でも打つのもOKですw
 

公式試合や大会情報

有名なのは、やはり世界大会。
2018年も、8月9~19日にアメリカ・ミネソタ州で開催されました
 
日本国内においては、毎年ダブルス、シングルス選手権や東山壮カップなど
盛んに大会が開催されています。
 

日本では北原さんが有名

2010年、ウォールハンドボール協会の一人である北原さんを含む3名が
オーストラリアオープンという大会に日本代表として出場しました。
 
そこで北原さんは唯一決勝まで進み、2位という輝かしい結果を残しました。
 
昨年の2017年に日本で開催されたダブルス選手権でも、優勝をする程の実力を誇ります。
 
凄い。
 
 

日本で体験できる場所は?

実は日本国内、下記の場所を中心にプレーできます!
 
東京・江東区 東陽町
静岡・御殿場市
高知・宿毛市 
 
また、日本ウォールハンドボール協会主催で体験会も不定期で開催されています。
(2018年9月開催)
 
最新情報については
公式HPもしくは、こちらのサイトで体験会情報をお伝えしていきます!

ウォールハンドボールのココが凄い!

・壁があればすぐにプレーできる手軽さ
・ルールがシンプル
・4Wallでの複雑なバウンドは戦略性があって面白そう
 

まとめ

ラケットを使わずに手でボールを打ち返すスポーツ、ウォールハンドボール。
 
歴史がかなり古いことに驚きましたが、
日本ではまだまだ知名度低い印象です…。
 
しかし、関東だけでなく、静岡や高知でもコートが開設されていますので
お近くの方は是非一度体験してみてください(^^♪
 
 
私が一番気になるのは、
手でボールを打つ。って痛みはどれくらいなんだろう…
という所w
 
 
こればかりは、一度体験してみないと分からないですね!
 
 
↓実際のプレー映像はコチラでまとめましたので是非ご覧ください↓

 
それでは、また明日!
 
Advertisement
 

【おまけ】ウォールハンドボールに似た競技

 
 

テニス系統カテゴリの最新記事