【タスポニー】名古屋で生まれた国産スポーツを徹底解説!

【タスポニー】名古屋で生まれた国産スポーツを徹底解説!
“TASPONY”

~~~~~~
 
 
どうも!
マイナースポーツ部です。
 
 
このサイトでは現時点で
約20種類ものマイナースポーツをご紹介してきました。
 
 
しかし!
 
その20種類には、ある共通点がありました。
 
 
…お分かりですか?
 
 
 
そう!
 
 
全てのスポーツの発祥が海外だったことです…!!!
 
 
しかし
 
今紹介するマイナースポーツは
 
なんと”純日本産”です!
 
 
東海地方、名古屋で産声を上げたスポーツ
その名も…
 
タスポニー
 
 
今回はこのタスポニーについて徹底解説します。
 
体験会・大会情報や実際のプレー動画も紹介してますので
是非最後までご覧ください(^^♪
 
Advertisement
 

タスポニーとは?

タスポニーは、手でスポンジボールを扱って
テニスのようなゲームを行う生涯スポーツです。
 
1981年に、名古屋の山口栄三さんにより考案された純日本産の競技です。
 
現在では、名古屋を始めとする東海地方を中心に
なんと競技人口6,000~10,000人を誇り、
 
日本国外ではアジア諸国を中心に普及中で、全国の老若男女に楽しまれている生涯スポーツです。
 
 
ちなみに、タスポニーの派生形として
よりお年寄りの方や子供でも親しみやすいように「ソフトタスポニー」という競技もあります。
 

「タスポニー」の由来

タスポニーの由来を語る為には、考案者である山口さんの過去が重要になってきます。
 
名古屋市熱田区にて、山口さんが勤めた先は
公益財団法人YMCA名古屋というキリスト教青年会でした。
 
そこで偶然手に入れたリハビリ用のスポンジボールを使って、遊んでいた競技こそ
タスポニー」そのものだったのです。
 
そう、
タスポニー(TASPONY)の由来は
「TA」…熱田(あつた)のTA
「SPON」…スポンジ
「Y」…YMCAの頭文字
 
を組み合わせたものが由来となっています。
 
当時は、
名古屋の「NA」を取った、ナスポニーや
JAPANの「JA」を取った、ジャスポニー も候補として挙げられましたが
 
 結果、タスポニーが定着。
 
確かに、タスポニーが一番語感が良いというか、しっくりきます。
 
凄い発想力。
 
 

タスポニーに必要なもの

専用のスポンジボール

使用されるボールは、スポンジなので当たっても痛くありません。
 
↓サイズ感はこんな感じ↓
 
タスポニー用ボール
ソフトバレーボール
重さ(g)
50
200~220
直径(cm)
17
約25
※参照のソフトバレーボール品番:S3Y1200-WX
 
 
一般的なソフトバレーボールよりも一回り小さく
そして、圧倒的に軽いです。
 
これなら老若男女が安心してプレーできますね!
 
ちなみに専用の用品については、日本タスポニー協会が販売しております。
公式ページからどうぞ↓
http://www.taspony.eei.jp/easyfree9/
 
ちなみに
専用ボール:1,620円(税込)
専用コート一式(バッグ付):50,000円(税込)
※2018年10月6日時点
 
で購入できるようです。
 
 

タスポニーのコート

タスポニーで使用するコートはかなり小さいです。
 
サイズ比較してみると↓
 
ソフトタスポニー
タスポニー
テニス
全長(m)
6
8
約23
全幅(m)
4
4.1
約11
面積(m²)
24
32.8
約253
ネット高(m)
0.8
0.7
約0.9
 
※第一項の通り、ソフトタスポニーはお年寄りの方や子供向けに
タスポニーよりも親しみやすく設計された競技。
 
 
上記の通り、ルールが近似しているテニスと比べるとサイズは一目瞭然です。
 
ソフトタスポニーの場合、テニスコートの約10分の1の広さでプレーできてしまいます…!
 
このようにタスポニーは、使用する面積が他の競技と比べて圧倒的に少ないので
体育館やグラウンドの空いたスペースでも十分に楽しめるという気軽さが素晴らしいです。
 

これだけ知っておけばOK!4つの基本ルール

ルールはテニスとほぼ同じです!

①1ゲーム21点マッチ、2ゲーム先取で勝利

3ゲームマッチで、2ゲーム先取した方が勝利。
なお、ローカルルールで、得点やセット数は減らすことも可能です。(年齢層を加味)
 

②サーブはワンバウンド後に手で打つ

サーバーは、エンドラインからサーブを打ちます。
この時、ワンバウンドさせてから打たなければなりません。

③サーブレシーブもワンバウンドしてから返球!

テニス同様ですね。

④使用できる部位は「手首より先」

ちなみに、両手でボールを触ることは失策(フォルト)となり
相手に得点が入ります。
 
このあたりは、ファウストボールと似てますね。
 
 

公式試合や大会情報

 
毎年、東海地方を中心に公式試合が開催されていますよ!
・タスポニー日本選手権
・タスポニーシングルスチャンピオンシップ
・タスポニー日本選手権ミックスダブルス大会 など…
 
詳細は、日本タスポニー協会さんのページに掲載しています。
http://www.taspony.eei.jp/easyfree10/
 
 

日本で体験できる場所は?

 
日本では、明治大学マイナースポーツ研究会さんで
タスポニーの体験会を実施しています。
 
体験会の開催日時は不定期ですが
タスポニーを体験してみたい方は、ツイッターよりDMを送ってみて下さい!
明治大学マイナースポーツ研究会ツイッター
 
こちらの明治大学マイナースポーツ研究会さんでは
ファウストボールの活動もされているとのことです!
 
大学生の若き力が、スポーツ業界を活性化していきますね~!
 
 [参考]
 
 

タスポニーのココがイイね!

・競技名の由来が面白い!
・老若男女が”安全に”楽しめる!
・場所を取らない
・ルールが簡単!
・なんと言っても純国産ってイイね!
 
 

まとめ

 
スポンジボールを使った、老若男女が楽しめる純国産マイナースポーツ。
 
平和的で素晴らしい生涯スポーツです。
 
是非とも体験してみたい!
 
アナタの周りには名古屋出身の方はいらっしゃいますか?
タスポニーについて聞いてみると面白いかもしれませんね(^^♪
 
 
↓実際のプレー動画はコチラでまとめましたので是非ご覧ください↓

 
それでは!
また明日!
 
Advertisement

テニス系統カテゴリの最新記事