【パデル】テニスに似た新感覚スポーツが日本で話題!

【パデル】テニスに似た新感覚スポーツが日本で話題!
ラリー地獄。テニスより好きかも。
 

 
どうも!
マイナースポーツ部です。
 
今回は、テニスに似たスポーツ
 
その名も「パデル」をご紹介します。
 
日本でプレーできる場所も多いので
是非この機会にアナタの趣味を増やしてみては?
 

パデルとは?

スペインで誕生したラケットスポーツで
テニスとスカッシュを合わせたようなイメージです。
 
プロテニスプレイヤーのラファエル・ナダルや
ノバク・ジョコビッチもプレーしている今大人気のスポーツ。
 
日本では、2016年6月に日本パデル協会が発足し、
以降じわじわと各地で人気を集めています。
 
著名人にも人気のようで
あの「キャプテン翼」の作者である高橋陽一さんもパデル愛好家だとか。
 

どうやって生まれた?

1970年代中頃にスペイン人であるAlfonsoさんにより考案された
割と最近誕生したばかりのスポーツ。
 
以降、ヨーロッパ諸国を中心に普及していき
スペイン国内では、競技人口が400万人程いると言われている人気っぷり。
 
ちなみにスペインの人口は約4,500万人なので
なんと国民の10%近くがプレーしているという驚愕の数値。
(なんでも、現地ではテニスを上回る競技人口だとか。)
 
スペイン以外にも、特にアルゼンチンでパデルが人気を博しており
人口4,300万人に対し、約200万人の競技人口を有し
国内には10,000ものパデルコートが存在しているそう。

必要なものは?

・ボール(硬式テニスボールと同じ)
・専用ラケット
・専用コート
 
コートが一番ハードル高いですね。
 
専用ラケットについては、楽天市場で10,000円~程で売ってました。
興味のある方はチェックしてみてください。

これだけ知っておけばOK!5つの基本ルール

 
基本的にテニスとルールはほぼ同じです。
テニスと異なる5つの点は次の通りです。

①コートの四方に壁がある!

なんと言ってもパデルの特徴はコレ!
コートの四方に壁や強化ガラスが設置されており
壁面のバウンドも、地面のバウンドと同じ扱いになります。
 
この壁のおかげで、ラリーが続きやすいのです。
 
コートのサイズは、
20m×10mと、テニスコートに比べて
約半分という広さ。
 
 

②硬式テニスボールより一気圧低いものを使用

 
パデルで使用するボールは、硬式テニスボールと同じですが
空気圧が1気圧のみ下げられています
 

③基本はダブルスのみでプレーされる

 
パデルの場合、シングルスは無く
ダブルスのみの方式となっております。
(近年は、シングルスでのプレーも行われています。)
 
ダブルスは体力的にもテニスより楽にできそうですね。
 

④専用のラケット

パデルでは、写真のような専用のラケットを使用します。
 
よく見る、テニスラケットとは異なり
ガットが張られていません。
ですので、どこの面に当たってもボールが真っすぐ飛んでくれます。
 
特徴的なのは、グリップエンドに付いた「」ですね。
パデルでは安全上、この紐を手首にかけた状態でプレーすることを義務付けています。

⑤アンダーサーブで!

 
パデルの場合、サーブの際は
ボールを一度バウンドさせて、腰よりも低い位置からアンダーサーブで
サーブをしなければいけません。
 
これなら、ラケットスポーツ初心者の方でも割と簡単に出来そう。

公式試合・大会情報

 
1992年からスペインにてパデルワールドカップが開催され
それ以降、2年おきに各地で開催されています。
(※2013年から「ワールドパデルツアー」と名称変更。)
 
ワールドパデルツアーの過去の優勝国一覧はコチラ↓
1992年:アルゼンチン(アルゼンチン)
1994年:アルゼンチン(アルゼンチン)
1996年:アルゼンチン(アルゼンチン)
1998年:スペイン(スペイン)
2000年:アルゼンチン(スペイン)
2002年:アルゼンチン(アルゼンチン)
2004年:アルゼンチン(アルゼンチン)
2006年:アルゼンチン(アルゼンチン)
2008年:スペイン(アルゼンチン)
2010年:スペイン(スペイン)
2012年:アルゼンチン(アルゼンチン)
2014年:アルゼンチン(スペイン)
2016年:アルゼンチン(スペイン)
2018年:?(?)
 
※()内は女子の結果
※International Padel Federation参照
 
・・・と、ここ20数年間
パデル人気国アルゼンチン
パデル発祥国スペイン
 
圧倒的2強状態となっております…。
 
 

日本で体験できる場所

 
そんなパデルを体験できる場所が国内にも沢山存在します。
 
日本初のパデルコートが建設された所沢フットサルパークを皮切りに、
関東だけでなく関西地方にも続々展開しております。
 
 
今回はその一部をご紹介いたします。
各地で体験会を実施していますので、こちらから気軽にご参加ください~
(※用品はレンタル可能です。)
①所沢フットサルパーク
http://tokorozawafp.com/PADEL/
 
②パデル東京
http://www.padelasia.jp/admission/trial
 
③大阪くにじまテニスコート
http://kunijima.com/event/index.html など…
 

【東京理科大学パデルサークル】

こちらの団体では体験会を開催しております。

日時:10月1日(月)19:00~21:00
場所:善福寺公園(練馬区)Google Mapで見てみる
参加費:500円

お気軽にメッセージくださいな~(^^♪

パデルのココが素晴らしい!

 

・テニスに比べて身体的負担が少ない

・競技の特性上、技術や年齢関係なしに楽しめる

・壁面のバウンドを活用する戦略性が超面白い

・日本では体験できる場所が結構ある!

 

まとめ

 
パデルは、ルールがシンプルで
テニス経験者でも未経験者でも気軽に楽しめるのが良いです。
 
このへんは、タッチテニスと似てるところがありますね。
タッチテニスとは?
 
スポーツとしてプレーするだけでなく
一つのアクティビティとしての位置付けでも流行りそう。
 
例えば、ラウンドワンの屋上にコート設置するとか
絶対流行ると思うな。
 
今後も、パデルについては情報を収集していきます!
体験できる施設が国内に点在しているので
体験会情報も合わせて発信していきますよ!
 
実際のパデルの映像については
公式YouTubeチャンネルにて、まとめました!
300,000回再生超え

 
それでは!
また明日!

テニス系統カテゴリの最新記事