【ウィッフルボール】誰でも魔球を投げられる、野球に似たスポーツを徹底解説

【ウィッフルボール】誰でも魔球を投げられる、野球に似たスポーツを徹底解説
アナタも簡単に「魔球」が投げられる。
 

Advertisement
こんにちは!
マイナースポーツ部です。
 
今回は、野球に似たスポーツ
その名も、「ウィッフルボール」
 
誰でも魔球を投げられる、凄いスポーツです。

 

そんなウィッフルボールについて
どこよりも詳しく丁寧に、徹底解説します。
 
 

ウィッフルボールとは?

 
野球に似たマイナースポーツ。
最大の特徴は、中空のボールを使用することで
誰でも簡単にエグイ変化球(魔球)を投げられることです。
 
近頃、YouTubeなどネットを中心に話題になっており
海外だけでなく日本でもウィッフルボーラーが誕生している、
大注目の競技です。
 
ちなみに、「ウィッフル」とは英語で
意味は以下の通りです。
Wiffle=「切抜きがある空洞のプラスチックのボール」
(by Weblio辞書)

どこで生まれた?

1953年アメリカ・コネティカット州にて、野球を原型として
デビット・N・ムラニーさんによって考案されました。
 
もとは、自宅の庭という限られたスペースで野球を楽しむためには?
という発想から生まれたもの。
 
現在は、発祥国のアメリカだけでなく、スペインなどのヨーロッパでも人気を集めているスポーツで
日本国内では、関西地方を中心に全国で盛んにプレーされています。
 
 

必要な道具は?

・ウィッフルボール(400円/個)
・専用ブラスチック製バット(2,180円)
・Kゾーン(ストライクゾーンの枠)(4,980円)
 
野球と違って、グローブが必要ない上に
お手頃な値段で用具を調達できる点も
ウィッフルボールの素晴らしいところです・・・!
 
日本ウィッフルボール協会の
公式オンラインストアより購入ができます↓
https://wiffleball1.thebase.in/
 
 

これだけ知ってればOK!野球と異なる7つの基本ルール

 
基本的なルールは、野球とほぼ同じですので
野球と異なる部分を簡単にご紹介します。
 

①ボールに穴が開いている

なんと言ってもボールが中空になっている構造が特徴的ですよね。
 
この空洞のお蔭で、とんでもない変化をする魔球を誰でも簡単に投げることが出来ます。
 

②Kゾーンというストライクゾーンが設置されている

 
 
野球の場合、捕手、打者の後ろに球審が構えており
投球に対して、ストライク・ボールの判断を球審の独断で下しますが
 
ウィッフルボールの場合は、誰にでも判断がしやすいように
Kゾーンという「」(縦65cm×横60cm)が設置されており、
その枠に投球が当たった場合はストライクと判断されます。
 
分かりやすい!

③捕手と球審は不要

前項のKゾーンがあるので、ストライク・ボールの判断だけでなく
投球の捕球の必要もないので、
必然的に捕手と球審が不要になります
 
少ない人数でプレーできるように、上手く工夫されていますね。
 

④必ずしも走塁しなくても良い

 
野球の場合、投手が投げたボールを打者が打ったら
一塁めがけて走り出しますが
 
ウィッフルボールの場合、必ずしも走塁の必要はありません。
仮想で塁に走者が存在するとみなし、機械的に走塁を進めます。
 
だからこそ、スペースが限られた、狭い場所でもプレーが出来ます。
日本の国土に合ったスポーツと言えますね。
 

⑤1チーム5名で構成される

 
野球の場合、基本1チーム9名ですが
ウィッフルボールの場合は、1チーム5名(投手×1、野手×4)で構成されます。
 
野球であれば、9人×2チームの合計18名揃わないと試合が出来ない点に対して
ウィッフルボールは、5人×2チームの合計10人で立派な試合が出来ます。
 

⑥ヒットになるのはこんな時

ウィッフルボールでは、走塁が必須ではありませんので
ヒットの判定は、打球の行方で判断されます。
 
ヒットと判定されるのは、以下の場合です。
打球が捕球されずに、特定のフェアゾーンに落ちた場合
 
ウィッフルボールでは、打球の行方(停止場所)によって
一塁打、二塁打、三塁打、本塁打を判断します。
 
※フェンスを使用する場合、フェンスを越えたら本塁打。
 転がってフェンスに打球が当たったら、三塁打。
 

⑦アウトになるのはこんな時

(a)空振り三振
(b)フライの打球を捕球した
(c)ゴロの打球をフェアライン上で捕球した
 
(a),(b)の場合は、野球と同じです。
 
(c)が、野球と異なり、
フェアエリアでのゴロを捕球するだけで打者はアウトと判定されます。
 
 

日本での体験会情報

 
国内では、日本ウィッフルボール協会が主に大会を主催しています。
体験会情報が分かり次第、記事として更新していきます!
 

公式試合・大会情報

 
主に関西にて活動が活発ですが
 
現時点は、9月29日(土)10:00より
ウィッフルボール九州大会が開催されます!
 
詳しくはこちら↓

日本に存在するチーム

日本国内では、関西地方を中心に全国的にチームが存在しておりますので
ご紹介しておきます!
 
各チーム毎にSNSをご用意しているので
お気軽にメッセージください^^
 

日本ウィッフルボール協会(公式HP)

https://j-w-a-aitell.jimdo.com/
 
 
 
(↓以下Twitterアカウント)
 
京都ウィッフルボールクラブ(京都)
 
ラッフィルズ(京都)
 
同志社ウィッフルボールクラブ(京都)
 
Guardians(滋賀)
 
天神ヒポポタマーズ(福岡)
 

UOEH WB同好会(福岡)

 
Waffle(東京・早稲田大)
 
多摩川ウィッフルボールサークル(東京)
 
東北大学ウィッフルボールサークルT.W.T(宮城)
 
 
全国各地で続々とチームが誕生してきています!
今後、各チームさんにお会いして、私もウィッフルやりたいな~
ちょっと企画考えます。

結論!ウィッフルボールの良い所

 
・場所を選ばず、限られたスペースで楽しめる
・とんでもない魔球を誰でも簡単に投げられる
・走塁しなくていいので比較的楽
・1チーム5人でOK
・キャッチボールだけでもクソ楽しい
 

まとめ

 
野球に似たウィッフルボールですが、野球よりも構えずに
ラフな感覚で楽しめるのが良い所ですね。
 
また、実力差も野球程出てくるものではないと思われるので
野球未経験者でも十分に楽しめるスポーツです。
 
これから全国各地に発展していきそうで、楽しみです!
 
 
ウィッフルボールの実際の試合の様子はコチラ↓

 
 
↓ウィッフルボールの変化球の投げ方はコチラをチェック!↓
 

 
それでは、また明日!
 
 

野球系統カテゴリの最新記事